善玉菌と悪玉菌のバランスは2:1が理想

人間の腸内には、善玉菌と悪玉菌が共存しています。

健康な成人の腸内でのバランスは善玉菌20%悪玉菌10%と言われています。
残りの70%は日和見菌という、優勢な菌と同じ働きをする性質を持った菌です。

善玉菌は健康維持のために必要な物質を産生します。消化吸収や脂肪代謝を助け、
免疫力の活性化を促します。腸内細菌のバランスが崩れ、
悪玉菌が優勢になると有害物質を作りはじめ、
腸内がアルカリ性に傾いて免疫機能が下がります。

便秘になったりおならが臭くなるなど、体に様々な悪影響を及ぼし、
日和見菌がたちまち悪玉菌と同じ悪さを始めます。
腸内細菌が生きられる場所には限りがあるため、
どちらかが増えるともう一方は減ってしまいます。

善玉菌として広く知られているのは、ビフィズス菌・納豆菌・乳酸菌です。
腸内の善玉菌を優位にするためには、善玉菌を含んだ食物を摂取し食物繊維を
摂ることを心がけ腸の蠕動運動を活発にすることが大事です。

ストレスをためないことや質の良い睡眠をとることも
腸内環境を整えることにつながります。

悪玉菌は存在しない方がよいと思われがちですが、善玉菌は悪玉菌と
戦うことでその効果を発揮する菌であるため、腸内のバランスを2:1に
保つことが大事です。

腸内環境を整えることは、体全体の健康を維持することにつながります。

善玉菌のエサになる食物は?

善玉菌を増やすためにエサになる食物を効率よく摂る必要があります。

まず、動物性乳酸菌ではブルガリア菌やLG21乳酸菌、
ラクトバチルス菌などが含まれるヨーグルトが有効です。

同じ乳製品でも、牛乳を飲めば乳酸菌が摂取できて善玉菌のエサになると
考えている人も少なくありませんが、牛乳を飲んでも乳酸菌を
摂取することはできません。

普通の牛乳は、製造過程で殺菌をされているので
乳酸菌は死滅しているからです。

お勧めの食物は、乳に乳酸菌を加えている
乳酸菌飲料やヨーグルトです。

これらには、乳酸菌がそれぞれ豊富に含まれているので、
善玉菌のエサになる作用があり整腸作用があります。
これらの乳酸菌飲料やヨーグルトは、商品によって乳酸菌の種類が違います。

実際に食べてみて、自分の体質や便通の
調子に合うものを選ぶようにしましょう。

次に、植物性乳酸菌は、大豆や米、野菜に生息する乳酸菌です。
代表的なものは、糠漬けに良質の乳酸菌が含まれています。
その他、キムチにも含まれています。

善玉菌のエサになる食物を、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の両方から
摂るように心掛けると腸内環境が改善されるようになります。
腸内環境が改善されてくると、免疫も上がってきます。

乳酸菌は、代表的な善玉菌。その働きとは・・・

善玉菌ということで有名なものに乳酸菌があります。

乳酸菌が腸内に入ることにより、便秘を解消もしくは
予防することができます。
腸内にある悪玉菌の数を減らす効果があるので、
腸内環境を正常に保つことができます。

腸内が正常な状態ならば善玉菌が多くある状態といえます。
悪玉菌が多い状態になると、便秘になりやすくなるだけではなく
毒素がたまった状態が続きます。

乳酸菌をとることにより、悪玉菌が増えるのを抑えて善玉菌を
増やすことができます。
もちろん、ただ乳酸菌をとればいいというものではありません。

乳酸菌は通常であれば胃で消化されてしまい、
生きたまま腸に届かないものです。乳酸菌をしっかり摂取するならば、
胃の中でも平気な菌かサプリメントなどを利用する必要があります。

腸内には免疫に関わっているので、乳酸菌により腸内環境が
正常になれば病気の予防につながるものです。

病気や便秘から体を守るためにも、
善玉菌が多い状態にすることは必要なことです。

善玉菌とはいえ、急激に増えるものではありません。
毎日の食生活などで必要な量をしっかりと摂取することが必要です。

ストレスが多い生活だと、善玉菌が増えないということもあるので
規則正しい生活を心がけるとよいです。

ヤクルトで善玉菌を増やす

地球上には目に見えない微生物がたくさん存在します。

微生物の代表ともいえるバクテリアは地球上でもっとも古い生物で、
そこから進化を遂げ現在のように細菌、酵母、カビ、原虫、
ウイルスなど多種多様な菌が存在するのです。

その中に乳酸菌という菌もあります。乳酸菌は炭水化物を発酵する
ときにエネルギーを獲得し乳酸を生成する菌です。

乳酸菌の種類は250種類もありますが、人の腸内に住んでいるビフィズス菌
は善玉菌で他にも存在する悪玉菌をやっつけ腸をきれいにし、
しっかり働かせてくれる菌です。生まれたばかりの赤ちゃんの腸にはたくさんの
ビフィズス菌があり善玉菌として腸をきれいに保ってくれますが、
残念なことに加齢や食生活などの生活習慣によって減ってくるのです。

そこで外から摂る必要があります。善玉菌となるビフィズス菌などの
乳酸菌はよくヨーグルトに含まれているのでそれを食べることによって腸が
きれいになると思われています。

しかしヨーグルトのビフィズス菌は胃酸にやられて
しまい腸にまで届かないのです。

そこでヤクルトは研究を重ね、腸にまで届シロタ株という乳酸菌を
生み出して80ml、一本当たり400億個も含んだ乳酸菌飲料を販売しています。
少量でも生きたまま腸に届くたくさんの乳酸菌が摂取できるヤクルトを
飲んで腸をきれいにしましょう。

善玉菌を増やして下痢対策

よく下痢をする人は腸の環境が良くないことが考えられます。
人間の腸内には100種類、100兆個もの細菌が住んでいます。
最近には善玉菌、悪玉菌、そして善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢かを見ていて
優勢な方に加勢する日和見菌の3種類があります。

そして数としては日和見菌が一番多く存在するのです。
善玉菌の代表といえるのがビフィズス菌をはじめとする乳酸菌ですが、
善玉菌が優勢になるとたくさんある日和見菌が味方をするので、
ますます腸内は良い環境となり、悪玉菌が優勢になると日和見菌も見方をするの
でますます腸内かんきゅが悪くなり下痢となってしまいます。

だから腸内には悪玉菌を減らして残玉菌を増やすことが大切です。

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料で摂取することができますが、
残念なことに胃酸にやられてしまい、腸にまで届く乳酸菌の種類は
限られているのです。だから乳酸菌を摂取するときには「腸まで届く」と
謳われているものを摂取することが大切になってきます。

ヨーグルトやチーズ、納豆、みそなどの発酵食品に乳酸菌は含まれています。
ただその中で腸にまで届く乳酸菌が含まれていなかったとしても乳酸は
善玉菌のエサになるので、摂取しなければならない食品です。

だから発酵食品をたくさん摂取して善玉菌を増やし、腸内をきれいに保ちましょう。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌 バランスは2:1:7が理想

人間の腸内には600~1000兆個もの細菌が住みついており、
その種類は大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分かれます。

このうち善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌などは免疫力を高め風邪や感染症を予防して、
体に良い影響を及ぼしますが、大腸菌やウェルシュ菌などに代表される悪玉菌は
下痢や便秘を引き起こしたり、発がん物質を作るなど体に悪い影響を及ぼします。

そして一番数の多い日和見菌は善玉菌が多い時には、善玉のほうについて同じ働きをし、
悪玉が勝っている時には悪玉の働きをします。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは2:1:7が理想です。
しかしこの三種類の菌の割合は年齢や生活習慣で大きく変わってきます。
たとえば赤ちゃんの時には善玉菌が多く、年をとると悪玉菌が増えてきます。

食べ物で悪玉菌を増やす代表的なものは肉や動物性脂肪です。
それと反対にごぼうなどの野菜に含まれるオリゴ糖はビフィズス菌の
エサとなり善玉菌を増やします。

食生活は腸内の細菌バランスを保つ上で最も重要なポイントです。
他に善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを保つためには、
規則正しく十分な睡眠をとること、過度なストレスを避け適度な運動を
行うことが大切です。

善玉菌はコレステロール抑制にも効果がある

人間の腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、
悪玉菌が増殖すると腸内バランスが崩れてしまい便秘を引き起こします。

一時的な便秘なら時間が経てば解消するものですが、
慢性的な便秘になると肌トラブルが発生したり老廃物が溜まりやすくなる等、
様々な影響を及ぼします。

太りやすい体質になり体重が増加する場合もありますし、
免疫力が低下して感染症にかかりやすい体になってしまうこともあるのです。

健康な体を維持するためには腸内バランスを正常に整えることが大切です。
増殖した悪玉菌を解消して善玉菌を増やすための対策を実践しましょう。

善玉菌を増やすためには乳酸菌が効果的です。
ヨーグルトを食べたり乳酸菌サプリを利用するといった方法なら、
手軽に善玉菌を増やすことができます。

善玉菌が増えることは便秘を解消するだけでなく、
悪玉コレステロールを下げる効果にも繋がります。
健康診断を受けると悪玉コレステロールの数値を知ることができますが、
あまり高くなると動脈硬化を引き起こし脳や心臓の病気を発病しやすくします。

善玉菌が増殖すればコレステロールの吸収を抑制しますし、
余分なコレステロールを分解する肝臓の働きをサポートする効果も得られます。
生活習慣病予防のためにもコレステロールを下げることは重要です。

善玉菌を増やす食事のとり方

善玉菌を増やすためには、栄養のある食事をすることが重要です。
腸内環境を整えるために、乳酸菌を発酵食品などから摂取することも大切です。

食物繊維は野菜やキノコなどに多く含まれますが、
善玉菌にとっては餌となるものです。
普段の食事で根菜や海藻などをよく食べていれば、
善玉菌が元気になって増えることになります。
乳酸菌が豊富なぬか漬けにして野菜を食べれば、相乗的に効果が出てきます。

オリゴ糖も善玉菌を増やすために欠かせない糖類ですから、
ヨーグルトに入れて食べることが推奨されています。

はちみつにも含まれていますが、さらにオリゴ糖の量を
増やしたものを使うと効果的です。
オリゴ糖を用いてリンゴのジャムやお菓子を作って食べることも、
善玉菌を増やすために役立ちます。

リンゴには整腸作用のあるペクチンが豊富で、
腸の健康にとって極めて有益な果物です。

おいしい食事をしてストレスを解消することも
、腸内環境を整えるために有効です。

ストレスをためないようにして、整腸作用のある栄養を摂取していれば
便秘の悩みも解消していきます。
不規則な食事をすることも避けて、無理をせずに生活することも大切です。

栄養の枯渇をなくしていけば、腸が元気になって体全体の免疫力も高まります。

善玉菌が増えすぎるデメリットについて

腸内にある細菌は300種類以上100兆個にもなると言われていますが、
その種類を大きく分けると善玉菌と悪玉菌というものになり2つは一定の数を
保ちバランスを取りながら一緒に腸内で暮らしています。

しかし腸内で細菌が生息できるスペースは決まっておりどちらかが増えれば
どちらかが減るという状況ですので、
常にこの2つの菌は自分が優勢になろうと戦っています。

こう聞くと腸の働きを整え便秘を予防したり免疫力を高めたりなど、
健康維持に貢献してくれる善玉菌だけが腸内に生息していればいいのでは?
と思いがちですが、悪い働きばかりクローズアップされている悪玉菌も
決して不要なものではなく腸内での役割がちゃんとあります。

その役割とは悪玉菌が腸内にいることで善玉菌が活躍できるというもので、
この2つがスペースを取り合い戦うことによって善玉菌の健康に良いと
されている様々な効果が発揮されています。

ですからそれぞれの役割を十分に発揮するためにも、
善玉菌だけが腸内で増えすぎるのは良くありませんので2つの菌のバランスを
保つことが大切となります。

ただ悪玉菌が増えすぎるより善玉菌が増えて腸内で優勢になる方が良いのは
確実なので、食物繊維を多く含む食品を食べるなどして
しっかりと腸内環境を整えていくようにしましょう。

善玉菌の効果は?かんたんにまとめてみた!

善玉菌には様々な効果があります。まず腸の環境を正常化する効果です。
腸内には健康に良い影響を与える善玉菌と、健康に悪い悪玉菌、
勢いのあるほうひなびく日和見菌が存在します。

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、乳酸や酢酸などの有機酸を作ることで
腸内を酸性にして、悪玉菌の増殖を抑えます。その結果腸の働きは活発になるので、
便秘が解消されたり、病原菌に感染するのを防いだりします。

また最近注目されているのが、ガンの発生を抑制する効果です。
腸の免疫力を向上し、乳酸や酢酸には発がんリスクを抑える働きがあります。
また善玉菌はコレステロールを抑えます。

人間の体にコレステロールは必要不可欠ですが、悪玉コレステロールが
増えすぎると血管壁に溜まって動脈硬化を引き起こし、
心筋梗塞や脳梗塞の恐れがあります。

善玉菌の菌体はコレステロールやコレステロールから合成された
胆汁酸と結びつきます。
便と一緒に排出されるので、体内に余分なコレステロールが蓄積しません。

さらに善玉菌は美容にも効果があります。
善玉菌はビタミンB群やビタミンK、ナイアシンなど美容に欠かせない物質を
作ります。
ビタミンは破壊されやすいので、腸内で作ることで体内に効率良く吸収されます。